稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

自動車メーカーとIT企業、自動運転の実現に向け接近

ニュース

自動車メーカーとIT企業、自動運転の実現に向け接近
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

老舗自動車メーカーと新興IT企業、自動運転の実現に向け急接近

 自動車メーカーとIT企業の合従連衡が世界で激しい。自動車メーカーが、自動運転技術の開発を単独で手掛けることが難しくなっているからだ。

 自動運転技術の開発には、既存の自動車メーカーに加えて、大手IT企業などが入り乱れて挑む。開発競争のきっかけを作った米アルファベット(旧グーグル、現在は傘下のウェイモが手掛ける)を筆頭に、配車アプリ大手の米ウーバーテクノロジーズや中国IT大手の百度などだ。最近、米アップルが自動運転車で公道実験することを米国で申請した。

写真●ウェイモが開発していた完全自動運転の試作車

 
自動車産業の参入障壁は、これまで高かった。工場への巨額の投資が必要な上に、世界の多くの規制に対応しながら3万点近いハードウエア部品を組み合わせる複雑な開発がいる。付加価値の源泉は、ハードウエアとその組み合わせ。自動車メーカー同士の競争は厳しく脱落するメーカーは多いが、異業種の企業が参入する余地はほとんどなかった。

 自動運転になると、クルマの付加価値の多くが認識技術や制御アルゴリズム、サービスといったソフトウエアと通信で実現しやすい技術に移る可能性が高い。IT企業は自らの強みを生かしやすく、既存の自動車メーカーと十分に戦えるとソロバンをはじく。内向きになりがちでハードウエアに強い自動車メーカーは、かつて経験のない未知の領域での競争に戸惑い、危ぶんでいるのが本音だろう。

 中でも脅威に感じるのが、スピード感の違いだ。自動車メーカーは、5年かけて自動車を設計し、生産拠点を慎重に選んで投資する。対してIT企業は、「(自動車メーカーから見ると)わずか1年の間に多くの商品を実用化する(速さを競う)F1の世界」(大手日系自動車メーカー幹部)。IT企業のスピード感で進む開発競争に自動車メーカーが現状の体制で臨めば、「必ず負ける」(同幹部)ことを覚悟する。

オープンイノベーション――。最近、世界の自動車メーカー幹部が好んで使う言葉だ。重要なのが、「競争領域と協調領域をはっきり区別すること」(本田技術研究所社長の松本宜之氏)である。協調領域で他社と手を組み、競争領域は自ら手掛ける。

 これまで、特に日本の自動車メーカーは協調と競争の使い分けが苦手で、協調領域を競争領域と捉えがちだった。その延長で自動運転技術を過度に競争領域と見なして自前主義で臨むと、開発に時間がかかり過ぎて負けるだろう。開発速度を上げるため、自前主義にこだわらず、他社と積極的に協調する姿勢を鮮明にする。

図●自動運転とAIを巡って世界で合従連衡が進む

 
ただし頭を悩ませるのが、どこで協調し、どこから競争するのかの見極めである。自動運転技術の主な開発領域は人工知能(AI)による認識技術や半導体、センサー、通信、高精度地図をはじめ、サービスまで広がる。自動車メーカーによって、協調領域と競争領域のとらえ方は異なる。自動運転に力を注ぐ自動車メーカーの最新状況を読み解く。

表●主な自動車メーカーの近年の取り組み

グーグルとの提携断ったトヨタ


 日本の自動車メーカーでIT企業への危機感が最も強く、自動運転技術の開発に熱心に取り組むのがトヨタ自動車だ。売上高が28兆円を超える世界最強の自動車メーカーである。デンソーやアイシングループなど、「ケイレツ」と呼ばれる世界で強いグループ企業を多く抱える。トヨタ自身における外部企業との提携や協業は比較的少ないが、グループ企業と役割分担しながら開発を急ぐ。

 トヨタ自身は、中核となる自動運転の制御アルゴリズムの開発にとりわけ力を注ぐ。AIの一種とされるディープラーニング(深層学習)をはじめ、乗員の状態を把握するAIの研究などに熱心だ。

 トヨタは過去にグーグル(現アルファベット)から提携を打診されたものの、断った経緯がある。AIを今後の自動運転開発の中核と捉え、同社との提携で主導権を握られかねないことを警戒した。自動運転のカギを握るAI技術については、なるべく自らの手の内に収めたい考えだ。

 自動運転に欠かせない部品の開発で、特に競争が激しいのがセンサーである。中でも画像センサーによる認識技術と赤外線レーザースキャナー(LIDAR)、ミリ波レーダーの3種類に注目が集まる。「三種の神器」の開発で、トヨタグループの主役を担うのがデンソーだ。自前主義路線を修正し、他社と積極的に協業しながら開発を急いでいる。

 一方でトヨタグループが苦手な領域と言えるサービスについては、協調領域とみなして他社と積極的に協調する。自動運転時代のサービスの本命とされるライドシェア(相乗り)やカーシェアで、新興企業と提携した。

完全自動運転をゴールにする日産


 自動車メーカー各社の開発姿勢で大きく異なるのが、完全自動運転を目指すのか、それとも運転支援にとどめるのか――である。例えばトヨタは、現時点で完全自動運転に消極的で、運転支援に軸足を置く。日系自動車メーカーは総じて消極派と言える中、完全自動運転を目指すと公言するのが日産自動車だ。2020年以降の実用化を見据える。

 日産は自動運転技術の中核となるAIを活用した制御アルゴリズムの開発は、トヨタと同様になるべく自社で手掛けるだろう。それでも自前主義にこだわる考えはない。同社のカルロス・ゴーン会長は、「1社だけではできない。日産にないものは(外部と)協力してイノベーションを起こす必要がある」と語る。

 矢継ぎ早に提携戦略を進めている。例えばマイクロソフトと提携。AIを使った音声認識・対話機能「コルタナ」を自動車に採用すると発表した。異色で興味深いのが、2017年1月に発表した米航空宇宙局(NASA)との提携だ。不測の事態に直面して判断不能に陥った自動運転車の動作を、人間が補助する仕組みを開発する。

 自動運転時代を想定したモビリティーサービスの開発では、2017年1月にDeNAと提携したことを発表した。日本の首都圏で、ロボタクシーの実証実験を2017年内に始める。

 一方でシェアサービスについては、自ら手掛ける。2016年11月、日産は欧州でSNS(ソーシャルネットワークサービス)を使った個人間のカーシェアリングを始めると発表した。2017年には、超小型電気自動車(EV)を使ったラウンドトリップ型のカーシェアリング「チョイモビヨコハマ」を横浜市で始めている。

リスクを取ってウェイモと提携


 トヨタや日産は、中核とみる制御アルゴリズムの開発を競争領域とみなして、自社で手掛ける構え。一方、同アルゴリズムの開発を協調領域とみなすのがホンダだ。2016年12月、ウェイモと協業に向けた検討を始めると発表した。ホンダの車両にウェイモの自動運転ソフトウエアを搭載し、米国で実験する計画だ。

 実のところホンダは、自ら自動運転の制御アルゴリズムを開発している。それにも関わらず提携するのは、開発速度を一気に上げたいからだ。ホンダは、自動運転技術の開発で先頭集団に遅れる。世界に先駆けて自動運転に取り組んだウェイモとの協業で“時間を買い”、巻き返しを図る。「自動運転の開発は、相当なスピード感で進む世界。今までの自動車開発と異なる」(本田技術研究所社長の松本氏)と危機感を露わにする。

 ただしホンダはAI開発をウェイモ頼みにしないための布石も打つ。2016年7月、ソフトバンクとAIの開発で提携した。主に音声認識・対話のAI技術の開発に焦点を当てる。

エヌビディア対インテル、ドイツで緒戦


 協調領域を広げて開発を急ぐ日系自動車メーカー。一方で海外メーカーは、協調と競争の使い分けに長けるメーカーが多い。目立つのが、ドイツ自動車メーカーである。フォルクスワーゲングループのアウディとBMW、ダイムラーの3社は、積極的に他社と協調して開発する。

 アウディが長年協業してきたのが、米半導体大手のエヌビディアだ。アウディはかねて、カーナビやメーターの描画演算にエヌビディアのGPU(画像演算装置)を使ってきた。

 エヌビディアは現在、自動運転の中核技術である深層学習による画像認識に力を注ぐ。今や世界で最も注目を集める半導体企業の一つと言えるエヌビディアとアウディは自動運転開発で協業し、2020年に公道で実験する計画だ。

 エヌビディアは、ダイムラーとも協業する。2017年内に、エヌヴィディアの技術を使った車両を投入する計画である。ダイムラーは、2017年4月に部品メーカー最大手のボッシュと自動運転技術の開発で提携すると発表。エヌビディアのGPUを使ってボッシュが自動運転のECU(電子制御ユニット)を開発。そのECUをダイムラーが採用する可能性が高い。

 一方でBMWは長年、エヌビディアの競合と言えるモービルアイと協業してきた。同社は、2017年3月にインテルに約1兆8000億円の巨額で買収された。今後はインテルと自動運転技術を開発する。2017年中に実証実験を始める計画だ。

世界で最も早い完全自動運転車


 完全自動運転車を世界で最も早く実用化することを狙うのが、EV専業の新興メーカーである米テスラだ。2017年7月までに、完全自動運転機能を投入する考えだ。既に完全自動運転に必要なセンサーなどのハードウエアを搭載した車両を量産している。ソフトウエアの更新で実現する可能性が高い。

 中核となるAIコンピューターは、エヌビディア製。テスラはかねて、モービルアイの画像認識技術を使っていた。だが2017年5月、テスラの運転支援機能の動作中に死亡事故が起きる。それを契機に、モービルアイからエヌビディアに乗り替えた経緯がある。

 シェアサービスについては、自ら手掛けたい考えのようだ。テスラは2016年、今後10年間の事業計画を発表した。自動運転技術を搭載したEVを複数の利用者が共有する事業に参入する考えを示した。

出典:清水 直茂=日経テクノロジー

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!